会社を筋肉質に変える! ローコスト・オペレーション 高橋修一著

会社を筋肉質に変える! ローコスト・オペレーション 高橋修一著

大不況でも増収増益の企業はある。一方で技術力も商品力も持ち、確固たる市場をつかんでいるのに好況時でさえ収益確保に苦しむ企業も少なくない。

その差を埋めるのが、コストカットの組織的方法論、ローコスト・オペレーションだという。

照準が当てられるのは経費節減。経営改革や収益向上に最も有効であり、経営者が率先垂範すべき真に重要な仕事であるとする。

中でも販売管理費は削ればそのまま収益に直結し、利益の源泉となる。そう明確に位置づけて行う施策と認識せよと唱える。

「倹約」は企業力を強化して信用を高めるとして、「コスト削減」を明るく、楽しく実行する方法を、豊富な企業再建の経験から提示する。

PHPビジネス新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。