水ビジネス 110兆円水市場の攻防 吉村和就著

水ビジネス 110兆円水市場の攻防 吉村和就著

水は人類にとって、必要不可欠な物質である。国連は2050年ごろには、約40億人が深刻な水不足に直面するという報告を行っている。

それを逆手に取れば、水資源のニーズが高まることによって、水関連ビジネスが成り立つと水環境問題の専門家である著者はいう。現在でもすでに、欧米を中心に水ビジネスは過熱しつつあり、25年には世界の水市場は110兆円市場になるという試算もあるくらいだ。

世界の民営化された上下水道を支配する“水メジャー”のビジネスモデルから、日本の現状、湾岸戦争やイラク戦争において水資源の確保が大きく影響したことまで、水をめぐる人類の興亡を多彩な視点から論じている。

角川ОNEテーマ21 740円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT