水ビジネス 110兆円水市場の攻防 吉村和就著

水ビジネス 110兆円水市場の攻防 吉村和就著

水は人類にとって、必要不可欠な物質である。国連は2050年ごろには、約40億人が深刻な水不足に直面するという報告を行っている。

それを逆手に取れば、水資源のニーズが高まることによって、水関連ビジネスが成り立つと水環境問題の専門家である著者はいう。現在でもすでに、欧米を中心に水ビジネスは過熱しつつあり、25年には世界の水市場は110兆円市場になるという試算もあるくらいだ。

世界の民営化された上下水道を支配する“水メジャー”のビジネスモデルから、日本の現状、湾岸戦争やイラク戦争において水資源の確保が大きく影響したことまで、水をめぐる人類の興亡を多彩な視点から論じている。

角川ОNEテーマ21 740円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT