法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる 奥村佳史著

法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる 奥村佳史著

不況の中、会社の経費は削減されるばかり。税理士である著者は、ならば法人税も削減しようと説く。法人税と会社のかかわりを理解せずに仕事をしていると、思わぬことで余計な税金を払わなくてはならないときがあるからだ。

たとえば、こんなテクニック。会社の飲食費は1人当たり5000円以上になると全額が交際費となり、法人税の対象となる。そこで5000円以下に抑えれば、交際費の範囲からは除外される。

本書は、法人税の体系をわかりやすく説明しながら、法人税法の規定が会社運営や営業活動にどんな影響を与えるかなど、会社をめぐるさまざまなおカネのカラクリを解説。サラリーマンのための法人税入門となっている。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT