社会起業家の条件 マーク・アルビオン著/斎藤槙、赤羽誠訳

社会起業家の条件 マーク・アルビオン著/斎藤槙、赤羽誠訳

どうせ仕事をするなら、自分の価値観を反映させたビジネスに就きたい、自分自身に、そして自分がなりたいものに忠実なビジネスを手掛けたい、さらにはそのビジネスの力で社会を変えたい、そのように願う人は少なくないだろう。

それを実現している一群の「社会起業家」が米国にいる。彼らが利益と目的、利幅と使命、あるいは価値と価値観をどう両立させようとしているのか。75人のインタビューを通じて、魅力十分なリーダーたちの共通項とホンネを導き出すことに成功している。著者自身、最年少でハーバード・ビジネススクールの教授となり、37歳でその職を捨て、社会起業の道へと進んだ。

社会起業家は、二者択一になりがちな「数字を伸ばすこと、社会に良い影響をもたらすこと」の二兎を求めるだけに、普通のビジネスにおいてよりリーダーシップの役割、アイデアの質が問われる。本書は、その面でも格好なケーススタディ集といえそうだ。
 
日経BP社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT