社会起業家の条件 マーク・アルビオン著/斎藤槙、赤羽誠訳

社会起業家の条件 マーク・アルビオン著/斎藤槙、赤羽誠訳

どうせ仕事をするなら、自分の価値観を反映させたビジネスに就きたい、自分自身に、そして自分がなりたいものに忠実なビジネスを手掛けたい、さらにはそのビジネスの力で社会を変えたい、そのように願う人は少なくないだろう。

それを実現している一群の「社会起業家」が米国にいる。彼らが利益と目的、利幅と使命、あるいは価値と価値観をどう両立させようとしているのか。75人のインタビューを通じて、魅力十分なリーダーたちの共通項とホンネを導き出すことに成功している。著者自身、最年少でハーバード・ビジネススクールの教授となり、37歳でその職を捨て、社会起業の道へと進んだ。

社会起業家は、二者択一になりがちな「数字を伸ばすこと、社会に良い影響をもたらすこと」の二兎を求めるだけに、普通のビジネスにおいてよりリーダーシップの役割、アイデアの質が問われる。本書は、その面でも格好なケーススタディ集といえそうだ。
 
日経BP社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。