社会起業家の条件 マーク・アルビオン著/斎藤槙、赤羽誠訳

社会起業家の条件 マーク・アルビオン著/斎藤槙、赤羽誠訳

どうせ仕事をするなら、自分の価値観を反映させたビジネスに就きたい、自分自身に、そして自分がなりたいものに忠実なビジネスを手掛けたい、さらにはそのビジネスの力で社会を変えたい、そのように願う人は少なくないだろう。

それを実現している一群の「社会起業家」が米国にいる。彼らが利益と目的、利幅と使命、あるいは価値と価値観をどう両立させようとしているのか。75人のインタビューを通じて、魅力十分なリーダーたちの共通項とホンネを導き出すことに成功している。著者自身、最年少でハーバード・ビジネススクールの教授となり、37歳でその職を捨て、社会起業の道へと進んだ。

社会起業家は、二者択一になりがちな「数字を伸ばすこと、社会に良い影響をもたらすこと」の二兎を求めるだけに、普通のビジネスにおいてよりリーダーシップの役割、アイデアの質が問われる。本書は、その面でも格好なケーススタディ集といえそうだ。
 
日経BP社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。