超訳 古事記 鎌田東二著

超訳 古事記 鎌田東二著

稗田阿礼(ひえだのあれ)が口述し、太安万侶(おおのやすまろ)が書き留めた古事(ふること)の世界を、現代に作業として再現したらどうなるか。旧年の真夏、1日は自宅、1日は出版社の、いずれも畳の上に寝そべりつつ目をつぶり、記憶とイメージのままに語り歌い、編集者が記録して本書は出来上がったという。抄訳でも意訳でもなく、著者によれば「超訳」が生まれた。内容は上巻の神話部分、天地開闢(てんちかいびゃく)から神武天皇の出生までだが、古老による語りの形をとらず、著者は地の「である」調と話し言葉では「です」調も織り交ぜつつ一気呵成に自由語りする方法を選んだ。

興の趣くままに語った結果として、抜き語りになっている個所も当然あり、イメージが飛翔するがごとき個所もあって、読者は古事記の世界に奔放に誘(いざな)われ遊ぶことを得るだろう。三浦佑之『口語訳 古事記』(文藝春秋)によって全文と注釈を併せ読めば、興趣、理解はいや増すはずである。「鎌田阿礼」による中・下巻訳も期待したい。(純)

ミシマ社 1680円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。