超訳 古事記 鎌田東二著

超訳 古事記 鎌田東二著

稗田阿礼(ひえだのあれ)が口述し、太安万侶(おおのやすまろ)が書き留めた古事(ふること)の世界を、現代に作業として再現したらどうなるか。旧年の真夏、1日は自宅、1日は出版社の、いずれも畳の上に寝そべりつつ目をつぶり、記憶とイメージのままに語り歌い、編集者が記録して本書は出来上がったという。抄訳でも意訳でもなく、著者によれば「超訳」が生まれた。内容は上巻の神話部分、天地開闢(てんちかいびゃく)から神武天皇の出生までだが、古老による語りの形をとらず、著者は地の「である」調と話し言葉では「です」調も織り交ぜつつ一気呵成に自由語りする方法を選んだ。

興の趣くままに語った結果として、抜き語りになっている個所も当然あり、イメージが飛翔するがごとき個所もあって、読者は古事記の世界に奔放に誘(いざな)われ遊ぶことを得るだろう。三浦佑之『口語訳 古事記』(文藝春秋)によって全文と注釈を併せ読めば、興趣、理解はいや増すはずである。「鎌田阿礼」による中・下巻訳も期待したい。(純)

ミシマ社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。