乗客から感染?コロナで英バス運転手15人死亡

感染ルート不明だが「車内の対策不十分」の声

3月27日付の記事(「『満員電車は死ぬぞ』コロナでロンドン市長訴え」)でもまとめたように、市民に対し「STAY HOME」と徹底的に外出自粛を訴え続けた結果、3月19日の時点で2月上旬比30%だった地下鉄の利用者数は4月17日に5%まで減少。バスも同時期に59%から18%まで落ちた。地下鉄は運行間隔が20~30分まで広がっているので、バスへの依存度が高くなっている。

そんな中、ロンドン交通局では、路線バスの「ほぼ平常運行」を目指す一方で、職員らをウイルスから守るための工夫を行っている。2mが必要とされる人と人との「社会的距離(ソーシャルディスタンス)」を維持するため、運転席のすぐ後ろの座席にはテープを張って「使用禁止」とした。また、バスが入庫後、車内の消毒は必ず行っているという。

コロナでバス運転手15人が死亡

「STAY HOME」キャンペーンが奏功し、運行中のバスは利用客が「ほとんどゼロ、いても3~5人」というところまで減ってきている。これなら「ソーシャルディスタンス」の問題もずいぶんと解決し、バスでの移動には感染リスクはないだろうと思われていた。

ところが4月に入って、立て続けに「バス運転手らがコロナで亡くなる」という悲報が飛び込んでくるようになった。4月17日までに亡くなったロンドン交通局のバス運転手は15人に達した。コロナ禍はいまや「運ぶ担い手」が命を落とす事態になってしまっているわけだ。

これまでに、死亡したバス運転手らの具体的な感染ルートは明らかになっていないが、バス運転手らで構成される労働組合の幹部は「運転手にマスクや防護服の着用を求めたい」と改めてコロナ禍における職場環境の改善を訴えている。しかし、現実はいまだマスクの着用さえも任意、という状況だ。乗客からうつされた可能性は否定できない。

次ページ車内は消毒しているものの…
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。