ドラッカー 時代を超える言葉 上田惇生著

ドラッカー 時代を超える言葉 上田惇生著

この11月(19日)、経営学の始祖であるピーター・F・ドラッカーの生誕100年を迎える。死去して4年、日本の企業経営者にも流通業を中心に今も多くの信奉者を持つ。

たとえば「自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる」「意思決定においては、何が正しいかを考えなければならない。やがて妥協が必要になるからこそ、誰が正しいか、何が受け入れやすいかからスタートしてはならない」「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである」といった「珠玉の言葉」が、大いなる経営指針になっているという。

本書は、「成果のあげ方」「人・組織を動かす」「変化をとらえる」の三つの領域に分けて160の「指針」を抽出。もちろんその全集から著作を選んで読むのもいいが、その導入として、本書の指針の言葉から「ドラッカー経営学」に入門してはいかがだろうか。

ダイヤモンド社 1575円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。