JR東海・西日本「初の合同訓練」なぜ実施された?

阪神・淡路大震災の日に新大阪付近で実施

JR東海と西日本が行った、地震を想定した新幹線の乗客避難誘導訓練(記者撮影)

会社発足以来初めてだという。東海道・山陽新幹線において大規模地震が発生したことを想定して、JR東海とJR西日本が連携し、本線上の列車の乗客を避難誘導するという両社の合同訓練が1月16日深夜から17日未明にかけ行われた。

車内は非常灯の明かりだけ

上り最終列車が出発した後の23時45分、訓練列車が新大阪駅に向けて新神戸駅を出発した。新神戸―新大阪間は山陽新幹線の区間であり、運転士や車掌はJR西日本の社員だ。乗客役としてJR東海とJR西日本の社員120人が乗り込んでいる。車いすの乗客や目の不自由な乗客という想定の社員もいる。外国人も乗車しており、さまざまな乗客対応を行う訓練だということがわかる。

訓練開始予定時刻の23時58分に列車が停止したが、「ただいま新大阪駅手前で信号待ちの停車を行っております」というアナウンス。地震で停車するはずなのにと思ったら、訓練ではなく信号待ちで本当に停車したとのことだ。

地震を想定した訓練で、車内照明の消えた新幹線車内。非常灯だけが点灯している(記者撮影)

その後、列車が動き出し、少し時間が経ったところで突然スピーカーから緊急地震速報のチャイム音が鳴り響いた。列車は減速を始め、予定より5分遅れの0時03分に再び停止。車内の照明が消え、客室の両端にある非常灯の照明だけになった。乗客役の社員が口々に「地震だ」と叫ぶ。

実際の新幹線では、地震の際に緊急地震速報のチャイム音がスピーカーから鳴り響くことはない。JR東海の担当者は「乗客のみなさんの携帯で緊急地震速報が鳴るでしょうから、その代わりです」と説明する。

次ページ本来は「停電してから停車」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。