すし屋の常識・非常識 重金敦之著

すし屋の常識・非常識 重金敦之著

現在の東京のすし屋激戦区は港区の西麻布一帯といわれる。店構えだけではそれとわからない。店主はほとんど若い人。修業先の店名を誇示することも、習得した技術に執着することもない。すし屋を取り巻く状況は、「なんでもあり」になった。その場で煮たり焼いたりというこれまでの禁じ手も平気だ。即座に客の注文に応じ、時間のかかる温かい料理を出さないのが矜持だったはずが、最後にお椀を出す店もある。それは邪道といっていい。あえて口にしないこともあったが、今は著者も出されれば口にする。

好奇心旺盛な文芸ジャーナリストが、すし屋をめぐる「食」のライフスタイルの変化を、文学的教養を織り込みつつまとめた。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT