すし屋の常識・非常識 重金敦之著

すし屋の常識・非常識 重金敦之著

現在の東京のすし屋激戦区は港区の西麻布一帯といわれる。店構えだけではそれとわからない。店主はほとんど若い人。修業先の店名を誇示することも、習得した技術に執着することもない。すし屋を取り巻く状況は、「なんでもあり」になった。その場で煮たり焼いたりというこれまでの禁じ手も平気だ。即座に客の注文に応じ、時間のかかる温かい料理を出さないのが矜持だったはずが、最後にお椀を出す店もある。それは邪道といっていい。あえて口にしないこともあったが、今は著者も出されれば口にする。

好奇心旺盛な文芸ジャーナリストが、すし屋をめぐる「食」のライフスタイルの変化を、文学的教養を織り込みつつまとめた。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。