ジャーナリズムの可能性 原寿雄著

ジャーナリズムの可能性 原寿雄著

共同通信の編集局長を務めたジャーナリストが、メディアの諸問題を考察。執筆のきっかけは読売新聞グループ本社の渡邉恒雄会長・主筆による「大連立工作」などの政治活動に「厳しい批判がないこと」への危惧だったという。

「ジャーナリズム滅びて民主主義亡ぶ」という懸念さえ現状にはある。権力との癒着や批判精神の欠如、強まる自己検閲などの内容の劣化に加えて、経営面でもインターネットの成長によるテレビや新聞の収益環境の悪化が進んでいる。解決策は「良質でオリジナルな公共性の強い情報をどれだけ収集・分析・発信ができるか」という原点に戻ること。「ジャーナリズムにはなお期待できる」というのが総括だ。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。