ジャーナリズムの可能性 原寿雄著

ジャーナリズムの可能性 原寿雄著

共同通信の編集局長を務めたジャーナリストが、メディアの諸問題を考察。執筆のきっかけは読売新聞グループ本社の渡邉恒雄会長・主筆による「大連立工作」などの政治活動に「厳しい批判がないこと」への危惧だったという。

「ジャーナリズム滅びて民主主義亡ぶ」という懸念さえ現状にはある。権力との癒着や批判精神の欠如、強まる自己検閲などの内容の劣化に加えて、経営面でもインターネットの成長によるテレビや新聞の収益環境の悪化が進んでいる。解決策は「良質でオリジナルな公共性の強い情報をどれだけ収集・分析・発信ができるか」という原点に戻ること。「ジャーナリズムにはなお期待できる」というのが総括だ。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT