ドイルとホームズを「探偵」する 河村幹夫著

ドイルとホームズを「探偵」する 河村幹夫著

今年は、世界でもっとも有名な探偵シャーロック・ホームズの生みの親アーサー・コナン・ドイルの生誕150周年にあたる。著者は、ロンドン・ホームズ協会の会員であり生粋のシャーロッキアン。

本書は、そんなドイルの生涯を、ホームズものの代表作「まだらの紐」「バスカビル家の犬」などと絡めて解説。彼がエジンバラの貧困家庭に生まれたころから始まり、開業医の傍ら書いたホームズで当て、サーの称号を得たこと。ところが、やがてオカルトめいた心霊主義にのめり込み、名声を失うという寂しい晩年を送ったことまでが詳細に書かれている。

併せて、ドイルが生きたビクトリア朝時代の世相や価値観なども盛り込んでいる。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT