ドイルとホームズを「探偵」する 河村幹夫著

ドイルとホームズを「探偵」する 河村幹夫著

今年は、世界でもっとも有名な探偵シャーロック・ホームズの生みの親アーサー・コナン・ドイルの生誕150周年にあたる。著者は、ロンドン・ホームズ協会の会員であり生粋のシャーロッキアン。

本書は、そんなドイルの生涯を、ホームズものの代表作「まだらの紐」「バスカビル家の犬」などと絡めて解説。彼がエジンバラの貧困家庭に生まれたころから始まり、開業医の傍ら書いたホームズで当て、サーの称号を得たこと。ところが、やがてオカルトめいた心霊主義にのめり込み、名声を失うという寂しい晩年を送ったことまでが詳細に書かれている。

併せて、ドイルが生きたビクトリア朝時代の世相や価値観なども盛り込んでいる。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。