ドイルとホームズを「探偵」する 河村幹夫著

ドイルとホームズを「探偵」する 河村幹夫著

今年は、世界でもっとも有名な探偵シャーロック・ホームズの生みの親アーサー・コナン・ドイルの生誕150周年にあたる。著者は、ロンドン・ホームズ協会の会員であり生粋のシャーロッキアン。

本書は、そんなドイルの生涯を、ホームズものの代表作「まだらの紐」「バスカビル家の犬」などと絡めて解説。彼がエジンバラの貧困家庭に生まれたころから始まり、開業医の傍ら書いたホームズで当て、サーの称号を得たこと。ところが、やがてオカルトめいた心霊主義にのめり込み、名声を失うという寂しい晩年を送ったことまでが詳細に書かれている。

併せて、ドイルが生きたビクトリア朝時代の世相や価値観なども盛り込んでいる。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT