政策研究の地平へ GRIPSの挑戦 吉村融著

政策研究の地平へ GRIPSの挑戦 吉村融著

政策志向のわが国初の大学院のみの大学がどのようにして誕生したのか。苦闘の歴史とその実績を記した、大学版ベンチャーの改革・成功物語である。

政策研究大学院大学(GRIPS)は、東京・六本木の国立新美術館の隣接地に瀟洒(しょうしゃ)なキャンパスを構える。数々のタブーを破り、ビジョンを実現させてきたが、そこには政策研究に不可欠な理系と文系の学問的融合・総合化を達成させた哲学徒としての著者の見識と力業が必要であったようだ。

国際交流の拡大には、アジア内外の留学生・行政官を教育して多大な実績を上げた。当初、旧文部省は英語での授業を許さなかったが、粘り強い交渉で画一的な官僚統制をはね返した。異色な人材を集めての学際的協力、政官学の交流・深化等、通常の国立大学ではまずありえないユニークな試みも、理があれば突破できるとの信念で実現させている。都心一等地の立地秘話も興味深い。

出版文化社 2100円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。