ミニバン劣勢のトヨタ、ついに切り札投入

「ヴォクシー」と「ノア」を6年半ぶりに全面刷新

画像を拡大
広くなった新型ヴォクシー/ノアの室内空間

一方で、セレナより見劣りする部分もある。

セレナは衝突回避・被害軽減ブレーキや車線逸脱警報などの先進安全装備を標準搭載(最も安価なグレードを除く)するが、今回のヴォクシー/ノアには用意されていない。安全技術担当の吉田守孝常務役員は「今、開発中でタイミングの問題」と早期対応をにおわせた。

月間販売目標はヴォクシーが4600台、ノアは3400台。昨年12月中旬から受注を開始しており、すでに3万台に達した。このうちハイブリッド比率は42%。ハイブリッド車の発売がガソリン車より一月遅れることから、当初のハイブリッド比率は低くなっており、最終的には55%になるとトヨタは見込む。

TNGAも一部導入

今回の新型ヴォクシー/ノアでは、エアコンやウインドレギュレーター(ドアガラスの昇降部品)、シートアレンジの機構など一部の部位で、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)も導入された。

TNGAはトヨタの自動車開発・生産の改革のことで、開発段階から自動車の基本部位を共通化し、開発効率の向上や原価低減(とそれによる商品力の強化)、グローバルでの柔軟な生産を可能にすることを狙っている。吉田常務によると、本格的にTNGAが取り入れられた自動車が投入されるのは2015年からだが、昨年末発売の新型ハリアーに続き、新型ヴォクシー/ノアでも一部先取りした。

圧倒的な低燃費を誇る新型ヴォクシー/ノアが消費者の心をつかむのか。それとも安全性能が充実したセレナの牙城は揺るがないのか。戦いの火ぶたが切って落とされた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。