金融大崩壊 「アメリカ金融帝国」の終焉 水野和夫著

金融大崩壊 「アメリカ金融帝国」の終焉 水野和夫著

サブプライム問題を発端とする世界金融危機は、2008年9月のリーマンショックまでが第1段階、第2段階では、残りの4大投資銀行が商業銀行に業態転換し消えた。そして第3段階として実体経済に影響が及び、その象徴が不振の自動車である。公的資金の投入はこれまでの新自由主義の経済政策を否定し、大いなる方法転換にほかならない。アメリカ投資銀行株式会社の裏側には日本輸出株式会社がくっついている。一方がおかしくなれば、もう一方も当然おかしくなる。

16世紀に資本主義が始まって以来の地殻変動が起き、まだこの先、20年、30年、激動の時代が続く。著名なマーケットエコノミストが日本のあるべき姿を考える。

NHK出版生活人新書 735円

・Amazonで見る
・楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT