クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの 西田宗千佳著

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの 西田宗千佳著

インターネットを利用し、ローカル(手元のパソコン)に縛られることなくコンピュータを使う動きが加速している。本書のタイトル名が指す現象だ。従来のように手元でアプリケーションソフトをインストールするのではなく、インターネット上のサーバーで処理を行い、利用者はパソコンや携帯電話を窓口としてサービスを利用する。例をあげれば、鉄道経路検索の「乗換案内」、携帯電話向けナビゲーションサービスの「ナビタイム」などだ。

著者はITを中心に活躍するフリージャーナリスト。「クラウド」とは何か、なぜ今「クラウド」なのか。コンピュータとネットワークの進歩がもたらす世界について解説している。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。