フェイスブック、動画広告配信をついに開始

今週中にスタート

12月17日、米フェイスブックが今週中に動画広告の配信を開始する予定だと、米紙ウォールストリート・ジャーナルが伝えた。ベルンで昨年5月撮影(2013年 ロイター/Thomas Hodel)

[17日 ロイター] -米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手、フェイスブックは今週中に動画広告の配信を開始する予定だ。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として伝えた。

報道によると動画広告は、利用者のニュースフィード内に自動的に表示され、フェイスブックに広告収入が入るという。今年、米国のテレビにおける広告収入は664億ドルだった。

動画広告の第1弾は、ライオン・ゲート・エンターテインメントが映画「Divergent」の宣伝を目的に、フェイスブックのために制作した「ティーザー広告」と呼ばれる短編。あえて広告対象の詳細を伝えないことによって視聴者の好奇心をあおる手法の動画だという。

フェイスブックからのコメントは現時点で得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT