中国、独立系ニュースアカウント9800件削除

「英雄を中傷し国のイメージを損ねた」ため

 11月13日、中国サイバースペース管理局は12日遅く、ソーシャルメディアの独立系ニュースアカウント9800件を削除したことを明らかにした。写真は2013年12月撮影(2018年 ロイター/Petar Kudjundzic)

[北京 13日 ロイター] - 中国サイバースペース管理局は12日遅く、ソーシャルメディアの独立系ニュースアカウント9800件を削除したことを明らかにした。「政治的に有害な情報を広め、(中国共産)党の歴史を意図的にゆがめ、英雄を中傷し、国のイメージを損ねた」としている。

10月20日に削除を開始したという。

同局は、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>傘下の微信や、新浪(SINA)<SINA.O>傘下の微博(ウェイボー)など、ソーシャルメディア大手に対し、独立系ニュースアカウントの「野蛮な成長」と「ありとあらゆる混乱」を防止するよう指示したという。

中国では近年、「セルフメディア」と呼ばれる独立系ニュースアカウントが急増。こうしたアカウントは、本格的な調査報道から、有名人のゴシップ、わいせつなコンテンツまで様々な情報を提供しており、ネット上で人気を博している。

同局は「セルフメディア・アカウントの混乱は、法の尊厳を踏みにじり、大衆の利益に深刻な悪影響を及ぼしている」との認識を示した。

評論家によると、今回削除されたアカウントの一部は、虚偽の情報やわいせつなコンテンツを提供していたが、過度に批判的な内容であるという理由で削除されたとみられるアカウントもあったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。