中国、独立系ニュースアカウント9800件削除

「英雄を中傷し国のイメージを損ねた」ため

 11月13日、中国サイバースペース管理局は12日遅く、ソーシャルメディアの独立系ニュースアカウント9800件を削除したことを明らかにした。写真は2013年12月撮影(2018年 ロイター/Petar Kudjundzic)

[北京 13日 ロイター] - 中国サイバースペース管理局は12日遅く、ソーシャルメディアの独立系ニュースアカウント9800件を削除したことを明らかにした。「政治的に有害な情報を広め、(中国共産)党の歴史を意図的にゆがめ、英雄を中傷し、国のイメージを損ねた」としている。

10月20日に削除を開始したという。

同局は、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>傘下の微信や、新浪(SINA)<SINA.O>傘下の微博(ウェイボー)など、ソーシャルメディア大手に対し、独立系ニュースアカウントの「野蛮な成長」と「ありとあらゆる混乱」を防止するよう指示したという。

中国では近年、「セルフメディア」と呼ばれる独立系ニュースアカウントが急増。こうしたアカウントは、本格的な調査報道から、有名人のゴシップ、わいせつなコンテンツまで様々な情報を提供しており、ネット上で人気を博している。

同局は「セルフメディア・アカウントの混乱は、法の尊厳を踏みにじり、大衆の利益に深刻な悪影響を及ぼしている」との認識を示した。

評論家によると、今回削除されたアカウントの一部は、虚偽の情報やわいせつなコンテンツを提供していたが、過度に批判的な内容であるという理由で削除されたとみられるアカウントもあったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT