人間の覚悟 五木寛之著

人間の覚悟 五木寛之著

「そろそろ覚悟を決めなければならない」。この文章から始まる人気作家のエッセイ。その「覚悟」とはあらゆることをあきらめ、絶望も希望も抱かずに事実をそのまま受け入れること。鎌倉時代の仏僧親鸞は「信仰の末、地獄に落ちてよい」と述べた。それが筆者の考える徹底した覚悟の例だ。経済、社会、人間の絆、そして日本という国が壊れる中で覚悟はすべての日本人の課題になっていくと予想する。

「鬱」「老い」「病」「死」などの苦しみや、「下山」と呼ぶ人生の後始末に動く自分の日常を紹介する。筆者は覚悟に徹し、生のありがたさを、改めて実感できるようになったという。「自分をすべて捨てさったところから、新しい生がはじまる」と、訴える。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT