人間の覚悟 五木寛之著

人間の覚悟 五木寛之著

「そろそろ覚悟を決めなければならない」。この文章から始まる人気作家のエッセイ。その「覚悟」とはあらゆることをあきらめ、絶望も希望も抱かずに事実をそのまま受け入れること。鎌倉時代の仏僧親鸞は「信仰の末、地獄に落ちてよい」と述べた。それが筆者の考える徹底した覚悟の例だ。経済、社会、人間の絆、そして日本という国が壊れる中で覚悟はすべての日本人の課題になっていくと予想する。

「鬱」「老い」「病」「死」などの苦しみや、「下山」と呼ぶ人生の後始末に動く自分の日常を紹介する。筆者は覚悟に徹し、生のありがたさを、改めて実感できるようになったという。「自分をすべて捨てさったところから、新しい生がはじまる」と、訴える。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT