北一輝の革命 松本健一文/ふなびき かずこイラスト

北一輝の革命 松本健一文/ふなびき かずこイラスト

『評伝北一輝』全5巻(松本健一著、毎日出版文化賞)によって北の魅力は広く知られるところとなったが、こちらはコンパクトで平易な「北一輝のすべて」である。北の革命思想、辛亥革命前後の中国、取り巻く人物群像、天皇論、本書のハイライトたる二・二六事件など、その内容は間然するところがない。豊富なファクトと深い分析は入門書の域を超えている。

北が第一級の革命思想家であり、右翼、黒幕などのレッテルを貼ってすまされるような単純な人物ではないことがよくわかる。実際、ナショナルな民主主義思想や天皇機関説をはじめとしてその主張は奥が深い。北の考えたとおりの革命が成っていたら、日本、そして中国はどうなっていたか、考えさせられる。

北個人にとどまらず二・二六事件はじめ近代日本と日中関係を知る一助にもなろう。全ページにあるイラストも気が利いている。付録CDでの1時間に及ぶ著者の話も面白い。(純)

現代書館 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。