テレビと宗教 オウム以後を問い直す 石井研士著 

テレビと宗教 オウム以後を問い直す 石井研士著 

日本のテレビが宗教を扱う場合のほとんどは、海外での宗教紛争、カルト教団の事件などの報道か、心霊、超能力、あるいは占いなどのバラエティ番組に二極化している。人類が誕生して以来続いてきた精神文化の中核をなす宗教が、こうした形でしか伝えられないとき、社会は衰退していく一方ではないか。宗教とテレビの関係を、オウム真理教事件の報道や、スピリチュアル関連の番組がはらむ危険性を提示しながら、宗教学者である著者が検証する。

本書には、中学生の2割弱が死者は生き返ると信じ、8割以上の大学生が霊能者の存在を肯定していると答えた、アンケート調査も提示されている。ニセ科学やオカルトについても考えさせる一冊。

中公新書ラクレ 882円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。