テレビと宗教 オウム以後を問い直す 石井研士著 

テレビと宗教 オウム以後を問い直す 石井研士著 

日本のテレビが宗教を扱う場合のほとんどは、海外での宗教紛争、カルト教団の事件などの報道か、心霊、超能力、あるいは占いなどのバラエティ番組に二極化している。人類が誕生して以来続いてきた精神文化の中核をなす宗教が、こうした形でしか伝えられないとき、社会は衰退していく一方ではないか。宗教とテレビの関係を、オウム真理教事件の報道や、スピリチュアル関連の番組がはらむ危険性を提示しながら、宗教学者である著者が検証する。

本書には、中学生の2割弱が死者は生き返ると信じ、8割以上の大学生が霊能者の存在を肯定していると答えた、アンケート調査も提示されている。ニセ科学やオカルトについても考えさせる一冊。

中公新書ラクレ 882円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT