テレビと宗教 オウム以後を問い直す 石井研士著 

テレビと宗教 オウム以後を問い直す 石井研士著 

日本のテレビが宗教を扱う場合のほとんどは、海外での宗教紛争、カルト教団の事件などの報道か、心霊、超能力、あるいは占いなどのバラエティ番組に二極化している。人類が誕生して以来続いてきた精神文化の中核をなす宗教が、こうした形でしか伝えられないとき、社会は衰退していく一方ではないか。宗教とテレビの関係を、オウム真理教事件の報道や、スピリチュアル関連の番組がはらむ危険性を提示しながら、宗教学者である著者が検証する。

本書には、中学生の2割弱が死者は生き返ると信じ、8割以上の大学生が霊能者の存在を肯定していると答えた、アンケート調査も提示されている。ニセ科学やオカルトについても考えさせる一冊。

中公新書ラクレ 882円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT