シャープ、「国産有機ELスマホ」を発表

「アクオスゼロ」投入へ

 10月3日、シャープは、同社が国内製造した画面サイズ6.2インチの有機ELディスプレー搭載スマートフォン「アクオスゼロ」を発表した。写真は同社のロゴ。千葉で2016年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - シャープ<6753.T>は3日、同社が国内製造した画面サイズ6.2インチの有機ELディスプレー搭載スマートフォン「アクオスゼロ」を発表した。2018年の冬モデルとして投入する。

会見した通信事業本部の中野吉朗本部長は「日本初の国産有機ELディスプレーを搭載した。2020年にアンドロイドのシェア40%超えを目指す」と語った。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT