哲学は人生の役に立つのか 木田元著

哲学は人生の役に立つのか 木田元著

人生に絶望した著者は、終戦直後の混乱期をテキ屋や闇屋をしながら生き延び、やがてハイデガーの著書『存在と時間』に出会う。この書から絶望した人間の存在構造を知れば、自分の絶望も救われると考え、生涯を哲学に捧げる決心をしたという。

ハイデガーの思想を理解するためにカント、ヘーゲル、フッサール、メルロ=ポンティと遍歴するが、当初の期待は見事に裏切られる。しかし、表題の問いに答える形で「私は哲学に出会うことによって救われた」と言い切る。

今年80歳を迎えた哲学者が、幸福論を導入とする哲学とはなにか、未来をいかに生き抜くかを、自身の人生を振り返りながら、若い世代に向けて縦横無尽に語った一冊。

PHP新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。