哲学は人生の役に立つのか 木田元著

哲学は人生の役に立つのか 木田元著

人生に絶望した著者は、終戦直後の混乱期をテキ屋や闇屋をしながら生き延び、やがてハイデガーの著書『存在と時間』に出会う。この書から絶望した人間の存在構造を知れば、自分の絶望も救われると考え、生涯を哲学に捧げる決心をしたという。

ハイデガーの思想を理解するためにカント、ヘーゲル、フッサール、メルロ=ポンティと遍歴するが、当初の期待は見事に裏切られる。しかし、表題の問いに答える形で「私は哲学に出会うことによって救われた」と言い切る。

今年80歳を迎えた哲学者が、幸福論を導入とする哲学とはなにか、未来をいかに生き抜くかを、自身の人生を振り返りながら、若い世代に向けて縦横無尽に語った一冊。

PHP新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。