水の未来 フレッド・ピアス著/古草秀子訳

水の未来 フレッド・ピアス著/古草秀子訳

世界で10億以上の人々が、安心して飲める清潔な水を手に入れる手段を持たずにいる。飲料水ばかりでなく、農業を維持する水も使い果たされようとし、随所で川は干上がり、湖は底を見せ、地下水は枯渇しつつあるという。「このままでは、人類の胃袋を満たす食料生産は危うい」と、「人類最大の環境問題」に環境ジャーナリストの著者が警鐘を鳴らす。

なぜ、「水の危機」が人類最大の環境問題なのか。食料生産には大量の水を必要とし、水の観点からすれば、食料の貿易は実質的に水の輸出入と同じで仮想水(バーチャル・ウォーター)(英・アラン教授の命名)貿易だと考えるからだ。食料自給率の低い日本は実は「水の輸入大国」であるということになる。

著者の精力的な取材には脱帽のほかない。しかも各地の詳細なリポートをベースにしながら分析はあくまで(循環をベースに考える)水文学(すいもんがく)の見地から冷静だ。渇水リスクに加え水被害の視点に目配りを怠らない。

日経BP社 2415円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?