検索バカ 藤原智美著

検索バカ 藤原智美著

パソコンで検索やネット閲覧に費やす時間は年々増えている。個々の小さな力が結実して大きな力となるネットワークは、反面、他人任せで自分は何もしないという態度を助長し、ネットからの「コピペ」で論文を仕上げるのは大学生ばかりでなく、今や小中学生までもが夏休みの読書感想文をネットに並ぶ見本で済ませるという。

「思考」は「検索」に、「言葉」は「情報」に置き換えられ、私たちは自分の頭で考えることをショートカットして、他者に解決策や結論を委ねるようになってしまった。「空気を読め」という同調圧力が自立した思考を奪う現代に、私たちは「考える力」を再生できるのか。

芥川賞作家である著者が自戒を込めて問いかける。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。