検索バカ 藤原智美著

検索バカ 藤原智美著

パソコンで検索やネット閲覧に費やす時間は年々増えている。個々の小さな力が結実して大きな力となるネットワークは、反面、他人任せで自分は何もしないという態度を助長し、ネットからの「コピペ」で論文を仕上げるのは大学生ばかりでなく、今や小中学生までもが夏休みの読書感想文をネットに並ぶ見本で済ませるという。

「思考」は「検索」に、「言葉」は「情報」に置き換えられ、私たちは自分の頭で考えることをショートカットして、他者に解決策や結論を委ねるようになってしまった。「空気を読め」という同調圧力が自立した思考を奪う現代に、私たちは「考える力」を再生できるのか。

芥川賞作家である著者が自戒を込めて問いかける。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。