空気の読み方 できるヤツと言わせる「取材力」講座 神足裕司著

空気の読み方 できるヤツと言わせる「取材力」講座 神足裕司著

スーパーセールスマンは信じられないほど聞き上手。抑制のきいた声で、短く相づちを打つ間合いと、相手を見つめる視線の当て方に秘密があり、合いの手は「修正」と「加速」に使う。また人間は見たいものしか見ないから、相手の視線の先を追い、まずはその話をさせることが、本心を聞き出すコツ。リップサービスはほどほどにして、手持ちネタは小出しにするのが正しい促し方。商談のような利害関係が問われる場には、政治、宗教、野球といった好き嫌いの話は持ち込まない。

大学に在学中、スポーツ紙に書くことで筆下ろしをし、今や年300~400人に取材する著名コラムニストの聞き方、聞き出し方の実例ヒント集。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT