空気の読み方 できるヤツと言わせる「取材力」講座 神足裕司著

空気の読み方 できるヤツと言わせる「取材力」講座 神足裕司著

スーパーセールスマンは信じられないほど聞き上手。抑制のきいた声で、短く相づちを打つ間合いと、相手を見つめる視線の当て方に秘密があり、合いの手は「修正」と「加速」に使う。また人間は見たいものしか見ないから、相手の視線の先を追い、まずはその話をさせることが、本心を聞き出すコツ。リップサービスはほどほどにして、手持ちネタは小出しにするのが正しい促し方。商談のような利害関係が問われる場には、政治、宗教、野球といった好き嫌いの話は持ち込まない。

大学に在学中、スポーツ紙に書くことで筆下ろしをし、今や年300~400人に取材する著名コラムニストの聞き方、聞き出し方の実例ヒント集。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。