なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか チャールズ・R・モリス著/山岡洋一訳

なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか チャールズ・R・モリス著/山岡洋一訳

原題は「1兆ドル融解」とあり、現在進行している未曾有のグローバル金融危機の深淵に迫った野心作。3月の原書出版時点では常識外(著者は比較的穏当な試算と判断)だった原題にある予測数字(資産評価損と債務不履行の総額)が、今や瞬く間にそれを上回る事態に至っている。

しかも、損失が証券化商品によって、広く世界の金融市場にまき散らされ、なおどこにどれだけあるのか把握しきれていない。本書によれば、この事態はもともと、規制当局の監督外で、専門家による依頼人の利益に反する行動が横行し、しかも過度の金融工学依存の投資判断によって、膨らみに膨らんだ信用バルブの崩壊だけに、金融秩序の回復は一筋縄ではいかない。

著者は元バンカー、最近まで証券化商品の設計や価格評価に使うソフトウェア開発会社の経営者だっただけに、CDO(債務担保証券)をはじめ問題の金融商品の開発過程とからくりに詳しい。

日本経済新聞出版社 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT