奇跡のリンゴ 石川拓治著

奇跡のリンゴ 石川拓治著

無農薬農業が容易でないことは想像できるが、リンゴの無農薬栽培は想像を絶している。主人公の木村秋則さんが30年近い苦闘の果てに成功させても、まだ信じようとしない農家は多い。それほどリンゴは病虫害に弱い果樹である。

2年前にNHKが放送したドキュメンタリー映像は強烈だった。本書では、壮絶な生きざまを今度は文字でえぐることで、深みと広がりをもったもうひとつの木村ワールドが展開される。それにしてもここまで徹する人生には思無邪(おもいよこしまなし)の言葉こそがふさわしい。

読後感がさわやかなのは、木村さんの純粋さに加えて、狂気ともいえるその行動を支える家族や隣人やバイト先の人たちなどちょっと良い話がちりばめられているからだろう。無垢の心でリンゴの木になり切ったとき無農薬のカギが見つかる、という示唆は重要だ。一読すれば、木村さんのリンゴを食べたくなるだろう。人間と自然について学ぶことも多い。(純)

幻冬舎 1365円

Amazonで見る
楽天で見る


ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT