ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか 奥山俊宏・村山治・横山蔵利著

ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか 奥山俊宏・村山治・横山蔵利著

ミートホープや船場吉兆の食の偽装、ニチアス・栗本鉄工所の建材偽装、三菱自動車の欠陥車隠し、そしてヤミカルテル告発、検察「調活費」疑惑……。そこに不正があれば、内部告発によって露見する。そのための環境をつくる、そんな試行錯誤が今の日本で続いている。内部告発した人、その組織への取材によって、内部告発を有効に生かすことこそ、不正を明らかにして是正するための最良かつ最短の道と説く。

談合やカルテルを自主申告すると課徴金を減免する制度で、“自首ラッシュ”が起きた。その先陣を切ったのが三菱重工業だった。企業で情報提供ホットラインが進む。企業ばかりでなく、官公庁でも内部告発は有効だ。

朝日新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。