ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか 奥山俊宏・村山治・横山蔵利著

ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか 奥山俊宏・村山治・横山蔵利著

ミートホープや船場吉兆の食の偽装、ニチアス・栗本鉄工所の建材偽装、三菱自動車の欠陥車隠し、そしてヤミカルテル告発、検察「調活費」疑惑……。そこに不正があれば、内部告発によって露見する。そのための環境をつくる、そんな試行錯誤が今の日本で続いている。内部告発した人、その組織への取材によって、内部告発を有効に生かすことこそ、不正を明らかにして是正するための最良かつ最短の道と説く。

談合やカルテルを自主申告すると課徴金を減免する制度で、“自首ラッシュ”が起きた。その先陣を切ったのが三菱重工業だった。企業で情報提供ホットラインが進む。企業ばかりでなく、官公庁でも内部告発は有効だ。

朝日新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。