覚悟のすすめ 金本知憲著

覚悟のすすめ 金本知憲著

不惑を越え、いまなお連続フルイニング出場の世界記録を更新し続ける著者の強靭な肉体と精神はどのようにして培われたのか。

近年は、選手生命を脅かされるほどのケガをしながらも試合に出続けている。それはいつケガをしてもぶれない心を持つという「覚悟」があるからだという。その境地に至るまでにはさまざまな葛藤があった。四番バッターであることの責任感、世界記録が途切れることへの不安など、野球が楽しいよりも辛いと思ったことのほうが多かったと吐露する。しかし、どんなに最悪な事態が起きても慌てないための覚悟を持つことで、それらを乗り越えてきた。阪神タイガースの“アニキ”が、自身の野球哲学を語る。

角川ОNEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。