覚悟のすすめ 金本知憲著

覚悟のすすめ 金本知憲著

不惑を越え、いまなお連続フルイニング出場の世界記録を更新し続ける著者の強靭な肉体と精神はどのようにして培われたのか。

近年は、選手生命を脅かされるほどのケガをしながらも試合に出続けている。それはいつケガをしてもぶれない心を持つという「覚悟」があるからだという。その境地に至るまでにはさまざまな葛藤があった。四番バッターであることの責任感、世界記録が途切れることへの不安など、野球が楽しいよりも辛いと思ったことのほうが多かったと吐露する。しかし、どんなに最悪な事態が起きても慌てないための覚悟を持つことで、それらを乗り越えてきた。阪神タイガースの“アニキ”が、自身の野球哲学を語る。

角川ОNEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT