覚悟のすすめ 金本知憲著

覚悟のすすめ 金本知憲著

不惑を越え、いまなお連続フルイニング出場の世界記録を更新し続ける著者の強靭な肉体と精神はどのようにして培われたのか。

近年は、選手生命を脅かされるほどのケガをしながらも試合に出続けている。それはいつケガをしてもぶれない心を持つという「覚悟」があるからだという。その境地に至るまでにはさまざまな葛藤があった。四番バッターであることの責任感、世界記録が途切れることへの不安など、野球が楽しいよりも辛いと思ったことのほうが多かったと吐露する。しかし、どんなに最悪な事態が起きても慌てないための覚悟を持つことで、それらを乗り越えてきた。阪神タイガースの“アニキ”が、自身の野球哲学を語る。

角川ОNEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。