アメリカの毒を食らう人たち ロレッタ・シュワルツ=ノーベル著/東出顕子訳

アメリカの毒を食らう人たち ロレッタ・シュワルツ=ノーベル著/東出顕子訳

アメリカの環境汚染と健康被害についての告発の書である。子供と母性を中心に被害実態を丹念に追跡し、産官学、政界の利益追求体質を厳しく糾弾している。書名からは食の汚染本かと思うが、大気汚染、タバコ、マンモグラフィ、予防接種の弊害にも詳細に言及していて、原題のPoisoned Nationのほうがイメージは近い。

アメリカ人がツナ缶詰を大量に食べるために食物連鎖による水銀被害を受けやすい話など、特定の食品、化学品に偏ることのリスクも浮き彫りにされる。

被害者の声をここまで集めたのは強い使命感からだろう。病気と「毒」の因果関係がすべて著者の言うとおりなのか、危機感をどのレベルまで共有できるか、見方は人によりさまざまだろうが、その警告には傾聴すべき点が多く、徹底検証が待たれる。アメリカの政界や宗教界の一部に強い問題意識をもって臨む動きが確実に見られるという指摘にはわずかに救われた。(純)

東洋経済新報社 1995円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT