転進 瀬島龍三の「遺言」 新井喜美夫 著

転進 瀬島龍三の「遺言」 新井喜美夫 著

国会議事堂にほど近い東京ヒルトン(その後キャピトル東急ホテル、現在改築中)506号室と507号室。両室は部屋の中でつながったコネクティングルーム。1981年から86年まで、ともにそこを事務所にした土光臨調委員の瀬島龍三と同参与の著者が、部屋で何を語り合ったかは定かではない。「瀬島はメモ取りを許さなかった」から、なおさらだ。しかし、幾多のなぞを黙秘したまま1年前にこの世を去った瀬島との「500回を超える」対話から、論議を呼ぶ新たな事実がいくつも記述される。

「60万人の抑留者を全員すぐに帰すのは得策ではない……食糧も職も満足にない」。捕虜抑留の密約疑惑のあるシベリア抑留、あるいは開戦時の「対米覚書」の手交の遅れと親電の差し止め工作でのかかわり。「東条英機がミッドウェー海戦の無惨な戦況を知ったのはサイパン陥落の直前」というくだり……。定説の歴史的事実と瀬島の人物像に新たな照射を加える。

講談社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。