SLやまぐち号、「D51」投入で人気最沸騰

C57との重連走行が実現、客車も一新

山口線でC57とD51の重連走行が実現(撮影:山下大祐)
鉄道ジャーナル社の協力を得て、『鉄道ジャーナル』2018年2月号『本線復活!! D51 200』を再構成した記事を掲載します。

2017年11月、秋の行楽シーズン最中の23~26日、山口はSL関係のさまざまなイベントで盛り上がった。9~12月の間に行われている「やまぐち幕末維新デスティネーションキャンペーン(DC)」にあわせ、京都鉄道博物館(もと梅小路蒸気機関車館)で動態保存されていたD51 200がSL「やまぐち」号で本線復活を果たす運びとなり、それに際して「やまぐちSLフェア2017」が23日(木・祝)にJR西日本下関総合車両所新山口支所で、山口市が主体となって実施する「全国SLサミット」が24日に同市内のホールで行われた。そして満を持しての最後の土日は25日にD51 200が初の営業運転でお披露目、翌26日はC571との重連運転-という濃密な4日間だった。

新たにD51が参加

SL「やまぐち」号を含む山口線の車両基地で、山陽本線の電車等も出入りする下関総合車両所新山口支所は、かつての小郡機関区。駅名は2003年に所在地町名の小郡から新山口に改称され、その後の2005年に小郡町は山口市に合併された。その時点の車両基地は山口鉄道部車両管理室だったが、2009年の組織改正でこちらも改称された。

フェア当日は、これまでSL「やまぐち」号の牽引機として活躍していたC57 1とC56 160に、新たなD51 200を加えて3両が転車台の前に並べられた。ほかにキハ40やDD51の姿もある。機関車の頭を転車台とは反対側に向けていたのは、会場を埋めたファミリーへの配慮。本来の中心向きで並べると、転車台坑の縁に人が集まることになり危険なためだ。本格的なカメラを手にした鉄道ファンは、3両並びのアングルに大いに苦慮していたのだが…。

機関車の運転台見学に小さな制服を着て車掌放送体験、ミニSLや保線用カートの乗車と、基地の検修社員や乗務員挙げての大サービスを、家族連れは満喫していた。

次ページ会場には”吞み鉄”俳優も登場
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT