京急「ジャズ電車」で川崎は音楽の街になるか

入場券不要の立ち飲みバーも大盛況

11月に京急川崎駅で開かれた「JAZZ STATION in 京急川崎」。会場となった電車とジャズヴァイオリニストの牧山純子氏(筆者撮影)

京急川崎駅の大師線1番ホーム。正月の初詣シーズンともなれば、川崎大師に向かう参詣客でごった返すそのホームも、普段は列車の発着もなく、静まり返るばかりである。が、11月上旬のその日だけは、華やかなジャズの調べとそれに聴き入る人たちでいつにないにぎわいを見せていた――。

“ジャズの町”として地域おこしに取り組む川崎市で毎年秋に開催されているジャズフェスタ「かわさきジャズ」に合わせて、京急川崎駅では4年前から「JAZZ STATION in 京急川崎」なるイベントを行っている。

なぜ「電車内でジャズ」?

普段は使われていない大師線の1番線に車両を停め、その中でジャズの演奏。夕方16時・17時・18時に30分ずつ各3回のコンサートが行われ、合計で112人が“電車の中で”ジャズを楽しんだ。出演者は毎年変えており、今年はジャズヴァイオリニストの牧山純子氏が登場。車内の照明も普段とは一味違うブルーライトに統一し、コンサートのムードを盛り上げる……

と、これが簡単なイベントの概要だ。

京急電鉄のような大手私鉄事業者が実施するイベントといえば、かなり大規模なものになるというイメージもあるが、この「JAZZ STATION」は参加者も少なく、どちらかというと手作り感が強い印象。なぜこうしたイベントを始めたのだろうか。

「弊社の担当者と川崎市の方が『一緒に何かやれないか』と話をしていたところから始まったと聞いています。ジャズありきではなく、弊社と川崎市がともに町を盛り上げられるイベントは何か、と考えたときに出てきたのがジャズだったということですね」(京急電鉄広報担当者)

次ページ「地域密着」もキーワードに
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT