これからの優良企業 エクセレント・カンパニーからグッド・カンパニーへ 安井孝之著

これからの優良企業 エクセレント・カンパニーからグッド・カンパニーへ   安井孝之著

買収先企業の数百人の役職員全員を、自腹を切り食事に招待して「やる気」を引き出す日本電産の永守重信社長。数字ではなく「いい仕事」を評価して企業風土の変革に挑戦する三井物産の槍田松瑩社長……。こうした経営者から現場まで新聞記者が取材し、「買収」「経営体制」「社会との関係」などの目白押しの課題に向き合う企業の今を追う。

好決算を続けるエクセレント・カンパニー(優れた会社)を目指す会社は多いが、むしろ「社員がいきいき働く」「環境に優しい商品を提供する」「人に感動を与える」などで、関係者を幸せにするグッド・カンパニー(よい会社)を目指すべきではないか。いくつもの事例を通じて副題のメッセージを浮かび上がらせる。

PHPビジネス新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT