これからの優良企業 エクセレント・カンパニーからグッド・カンパニーへ 安井孝之著

これからの優良企業 エクセレント・カンパニーからグッド・カンパニーへ   安井孝之著

買収先企業の数百人の役職員全員を、自腹を切り食事に招待して「やる気」を引き出す日本電産の永守重信社長。数字ではなく「いい仕事」を評価して企業風土の変革に挑戦する三井物産の槍田松瑩社長……。こうした経営者から現場まで新聞記者が取材し、「買収」「経営体制」「社会との関係」などの目白押しの課題に向き合う企業の今を追う。

好決算を続けるエクセレント・カンパニー(優れた会社)を目指す会社は多いが、むしろ「社員がいきいき働く」「環境に優しい商品を提供する」「人に感動を与える」などで、関係者を幸せにするグッド・カンパニー(よい会社)を目指すべきではないか。いくつもの事例を通じて副題のメッセージを浮かび上がらせる。

PHPビジネス新書 840円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT