リテールファイナンス・ビジネスの研究 片岡義広監修

リテールファイナンス・ビジネスの研究  片岡義広監修

多重債務問題や儲け過ぎ批判を引き金に貸金業関連法(貸金業規制法、出資法、利息制限法)が改正され、2009年12月までに出資法の上限金利29・2%と利息制限法の上限金利15~20%の差であるグレーゾーン金利は完全撤廃される。
 
 業界は高利貸し業からの転換を迎えるわけだが、同時に過払い返還請求の発生や貸し倒れリスクの追い打ちによって企業淘汰は一段と加速してきた。

本書はこうした貸金業界、とりわけ消費者信用業界が迎えた事業環境の変化と、求められる新たなビジネスモデルについて、法律改正の経緯はもとより、業界の構造や歴史などと関連させながら詳述している。

執筆者がそれぞれの分野の事情に詳しい金融記者、大学関係者、法律専門家、証券アナリストなど多彩な顔ぶれになっている点も特色であり、消費者信用業の現状と今後について本格的に理解するうえで、好適な一冊といえる。

ビーケイシー 3360円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。