実は首都圏にまだある「全車冷房なし」の路線

乗ってみると意外に暑くない?

千葉県佐倉市内のユーカリが丘ニュータウンを走る「こあら号」。今では珍しくなった「非冷房車」だ(筆者撮影)

季節は夏から秋へと移っているが、暑い日はまだまだ続く気配。気象庁が8月31日17時に発表した週間天気予報(9月1〜7日)によると、東京地方は3日以降、最高気温が30度を超える日が続く。

こういうときに外回りしていると、早く仕事を終えて電車に乗りたいと思う。現在の鉄道車両の大半は冷房装置を搭載しており、乗ればほぼ確実に人工的な冷気にありつける。冷房を搭載していない「非冷房車」と遭遇することは、いまや皆無に近い。

JRの非冷房「電車」は2年前消滅

しかしこうなると、非冷房車ばかりだった時代が懐かしくなってくる。走行中に窓を開け、熱気こもる車内に自然の外気を取り込む。涼風が体の前をすり抜けていく快感は、今でも忘れられない。もう一度「暑い列車」に乗ってみたい……何とも身勝手な話だ。

JR旅客6社の場合、非冷房の電車はJR北海道の普通列車で使われていた711系の引退(2015年3月)で実質消滅した。昭和初期の1933年に製造されたJR西日本のクモハ42形が非冷房車として残っているが、2003年に通常の営業運行を終了。現在は臨時列車としても運行されていない。

ディーゼルエンジンで走る気動車では、JR北海道とJR東日本(東北地区)に非冷房車が残る。特にJR東日本の八戸線は、定期運行の普通列車に使われている気動車(旧国鉄車のキハ40・48形)が、すべて非冷房車だ。

次ページディーゼルカーも非冷房は風前の灯火
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT