仕事道楽 スタジオジブリの現場 鈴木敏夫著

仕事道楽 スタジオジブリの現場 鈴木敏夫著

宮さん(宮崎駿)は忘れる名人ながら、締め切りに間に合わせる。原作にない感動の『ナウシカ』のラストには今も悩んでいる。また彼は資料を見ながら絵を描かない。「企画は半径3メートル以内に転がる」として、細部から始めてイメージを膨らます。「おもしろいこと」「作るに値すること」「お金が儲かること」を映画づくりの原則と心得、これを『トトロ』に限り封切時では破った。が、それもキャラクター商品の著作権使用料で結果的には最も収益を上げた。スタジオ名「ジブリ」とはサハラ砂漠に吹く熱風のこと。正確には由来のイタリア語の発音にギブリが近い。ヒット新作を生み続ける宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫3氏の挑戦の日々を著述。

岩波新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT