間違いだらけのメンタルヘルス 久保田浩也著

間違いだらけのメンタルヘルス 久保田浩也著

ついに年間自殺者3万人超えが10年連続となった。「心の病」は10年前に比べれば理解者も医療関係者も増えている。地域社会や職場で関連講座が頻繁に催されているし、会社の管理職研修では不可欠のテーマとさえなっている。だが、それでも日本全体としては悪化のデータばかりで、よくなったという報告は皆無。改善の兆しさえない。

なぜか。この領域では「予防」という一般社会の常識が欠けているためだと著者は主張する。これまで「心の病」については、早期発見・早期治療が肝心だとされてきた。だが、それをズブの素人の上司・仲間・家族にやれというのはもともと無理だし、精神科で受診できても、薬漬け治療が相変わらず多い。

とはいえ本書はそうした状況の告発を主眼としてはいない。日本に「メンタルヘルス」という言葉を一般化させた実践家として、「心の病」予防、心の健康増進のための具体的方法・事例を豊富に盛り込む。

法研 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT