間違いだらけのメンタルヘルス 久保田浩也著

間違いだらけのメンタルヘルス 久保田浩也著

ついに年間自殺者3万人超えが10年連続となった。「心の病」は10年前に比べれば理解者も医療関係者も増えている。地域社会や職場で関連講座が頻繁に催されているし、会社の管理職研修では不可欠のテーマとさえなっている。だが、それでも日本全体としては悪化のデータばかりで、よくなったという報告は皆無。改善の兆しさえない。

なぜか。この領域では「予防」という一般社会の常識が欠けているためだと著者は主張する。これまで「心の病」については、早期発見・早期治療が肝心だとされてきた。だが、それをズブの素人の上司・仲間・家族にやれというのはもともと無理だし、精神科で受診できても、薬漬け治療が相変わらず多い。

とはいえ本書はそうした状況の告発を主眼としてはいない。日本に「メンタルヘルス」という言葉を一般化させた実践家として、「心の病」予防、心の健康増進のための具体的方法・事例を豊富に盛り込む。

法研 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。