アメリカに犬はいない 武井義雄著

拡大
縮小
アメリカに犬はいない 武井義雄著

変な書名かもしれないが、中身は軽妙な異文化エッセイ。米国籍を持つ在米40年の医師、しかし日本的なものもいつまでも消せない、自称ハイブリッド人間が、おかしな国日本、わかりにくい国アメリカを実体験の中で論じた日米比較文化論である。

渡米直後のカルチャーショック、何十年ぶりに里帰りした日本での珍妙な体験、どちらが真っ当か、もちろん判断しようもないのだが、日米が本質的にわかり合うのは至難だと改めて感じる。次々登場するエピソードには思わず笑ってしまうが、実は笑っていられないものが多いというのは笑い事ではない。

医学教育に端を発するお寒い日本の医療の現状を考えるうえでも参考になる。英語と日本語をめぐる社会観察や誤解の数々も話題豊富でなかなかに楽しめた。そこで書名だが、日本には犬、アメリカにはDOGしかいない。これが著者のいちばん言いたかったことだが、その心とは?

日本経済新聞出版社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT