アメリカに犬はいない 武井義雄著

アメリカに犬はいない 武井義雄著

変な書名かもしれないが、中身は軽妙な異文化エッセイ。米国籍を持つ在米40年の医師、しかし日本的なものもいつまでも消せない、自称ハイブリッド人間が、おかしな国日本、わかりにくい国アメリカを実体験の中で論じた日米比較文化論である。

渡米直後のカルチャーショック、何十年ぶりに里帰りした日本での珍妙な体験、どちらが真っ当か、もちろん判断しようもないのだが、日米が本質的にわかり合うのは至難だと改めて感じる。次々登場するエピソードには思わず笑ってしまうが、実は笑っていられないものが多いというのは笑い事ではない。

医学教育に端を発するお寒い日本の医療の現状を考えるうえでも参考になる。英語と日本語をめぐる社会観察や誤解の数々も話題豊富でなかなかに楽しめた。そこで書名だが、日本には犬、アメリカにはDOGしかいない。これが著者のいちばん言いたかったことだが、その心とは?

日本経済新聞出版社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。