アップル、デンマークにデータセンター設立

再生可能エネルギーで稼働

 7月10日、米アップルは、再生可能エネルギーによって稼働するデータセンターをデンマークに設立すると発表した。楽曲配信「iTunes(アイチューンズ)ストア」などのオンラインサービスを提供する。写真はパリで1月撮影(2017年 ロイター/Charles Platiau)

[コペンハーゲン 10日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、再生可能エネルギーによって稼働するデータセンターをデンマークに設立すると発表した。楽曲配信「iTunes(アイチューンズ)ストア」などのオンラインサービスを提供する。

アップルは既にデンマークで、再生可能エネルギーで稼働するデータセンターの建設を進めており、年内の稼働が見込まれている。

今回発表されたデータセンターは2つ目で、2019年の稼働開始予定。デンマークのメディアによると、同社は新データセンター建設に約60億クローネ(9億2000万ドル)を投資する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT