マイクロソフト、数千人規模の人員削減計画

販売・マーケティング部門を中心に組織再編

 7月6日、米マイクロソフトが数千人規模の人員削減を計画していることが関係筋の話で明らかになった。6月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[6日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>が数千人規模の人員削減を計画していることが6日、関係筋の話で明らかになった。削減の大半は米国外で実施されるとしている。

関係筋によるとマイクロソフトは一部従業員に人員削減を通知した。

ロイターは3日、マイクロソフトがクラウド事業強化に向け販売・マーケティング部門を中心に再編すると報道していた。

マイクロソフトの全世界の従業員数は3月31日時点で約12万人。このうち販売・マーケティング関連の人員が約19%を占める。

パソコン(PC)市場の低迷が続く中、マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は2014年の就任以来、クラウド事業に注力している。

マイクロソフト株はこの日の取引を約0.7%安の68.57ドルで終えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT