マイクロソフト、数千人規模の人員削減計画

販売・マーケティング部門を中心に組織再編

 7月6日、米マイクロソフトが数千人規模の人員削減を計画していることが関係筋の話で明らかになった。6月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[6日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>が数千人規模の人員削減を計画していることが6日、関係筋の話で明らかになった。削減の大半は米国外で実施されるとしている。

関係筋によるとマイクロソフトは一部従業員に人員削減を通知した。

ロイターは3日、マイクロソフトがクラウド事業強化に向け販売・マーケティング部門を中心に再編すると報道していた。

マイクロソフトの全世界の従業員数は3月31日時点で約12万人。このうち販売・マーケティング関連の人員が約19%を占める。

パソコン(PC)市場の低迷が続く中、マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は2014年の就任以来、クラウド事業に注力している。

マイクロソフト株はこの日の取引を約0.7%安の68.57ドルで終えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。