フィンランド 豊かさのメソッド 堀内都喜子著

フィンランド 豊かさのメソッド 堀内都喜子著

フィンランドといえば、サウナ、サンタクロース、ムーミン、キシリトール、冬のスポーツ、福祉の国、オーロラ、森と湖、ノキア、IT産業、教育……フィンランディア。1990年代前半の大不況を銀行改革・再生、予算の切り詰めの一方、IT投資、人材投資で乗り切り、成長復活。むしろ今の課題は開発より世界に商品を売り込む力づくり。

日本からの視察が大勢訪れる教育は、質の高い教師が授業時間の世界一少ないゆとり式で考える力をつけ、多言語を話せるように仕向ける。海外留学も当たり前。それらは大和魂に類する「シス(不屈の精神)」で支えられている。

5年在住、職務経験を基にその豊かさと学力世界1位、競争力1位の国情を活写。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。