ボローニャ紀行 井上ひさし著

ボローニャ紀行 井上ひさし著

著者あこがれの地ボローニャは、イタリアにあってもとりわけ個性的な町である。机上のボローニャ研究を重ねて30年、初めて訪れた古都での丹念な取材、そして期待どおりの「再会」、予想もしなかった現実との遭遇。手練(てだれ)の作家による報告はユーモアを交え軽妙快調に進む。

とはいっても、観光案内風エッセイではない。いいかげんだがしぶといイタリアという国、家族や近隣やスポーツ、文化を国家の上に置くボローニャという町が、政治や社会や文化、そして人々のたくましさを通じて浮かび上がる。

特に独自の「社会的協同組合方式」による劇的な成果だけでも一読に値する。これを遠い国のお話で終わらせてはもったいない。

政府、お上に頼らず知恵と行動で町の魅力を生み出そうとする市民たちの姿はすいっと読めるが含意は重い。著者の永年の思いが露ほども裏切られずに終章に至るというのは、ほとんど奇跡的である。(純)

文藝春秋 1250円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。