日本株は「228トランプ演説」後どうなるか

「大暴落」がやって来るのは「まだ先」だ

さらに言えば、NYダウの1987年1月以来「約30年ぶりの11連続高値更新」も、逆に不安材料になっている。1987年暮れにはあのブラックマンデーが起きているからだ。その時のダウの一日での下落率(22.6%!)を今に当てはめると、1日で4700ドル下げるほどの「大きな気崩れ」となる。時代背景が違う部分もあるが、かなり今と似ている部分もある。

トランプ登場の時に、筆者は相場循環表から言って、アメリカ株の「終わりの始まり」と申し上げたが、どうせなら、不謹慎と言われるかもしれないが、「終わりの終わり」は、こんな劇的なことで締めくくって見たら面白い、と思ったりもしている。

できればそのタイミングを是非当てたいものだ。筆者の師匠である立花証券の創業者石井独眼流こと石井久氏(2016年4月死去)は、スターリン暴落と平成バブル崩壊という「戦後の2大急落」前の天井を当てたことで、評価を得た。

しかし、「トランプの8年」(4年になるかもしれないが)は始まったばかりだ。これからがアメリカの高圧(高需要)経済、グレートローテーション(債券から株への大きな流れ)が本格化する時だ。筆者は少なくとも2年後の中間選挙までは楽しめると思っている。「小さい気くずれ」は絶好の買い場だ。

2月末で米国株は「ひと呼吸入れる」

さて、ダウの11連続高値更新記録がこのまま伸びるとも思えないが、ムニューシン米財務長官は23日、「税制改革は極めて大規模なものになる」とし、8月の議会休会前に片を付けたいと述べている。しかし、その後の会見ではそれはかなり難しいとも述べた。財源問題等、与党共和党とのすり合わせは簡単ではないことは明白だ。株式市場は減税期待が継続しているが、連続高の過程でかなり織り込んだとも言える。ここはひとまず、「28日で米国株はひと呼吸入れる」と考えるのが順当だ。

肝心の日本株だが、前回2月12日の本欄では「海外ファンドも個別株物色に移っており、特に東証2部、日経ジャスダック、マザーズの新興市場銘柄が活躍する相場を想定している」とした。幸い、ほぼその通りとなり、その後東証2部総合は132ポイント、日経ジャスダックは94円、マザーズは52ポイント上昇する一方で、日経平均株価は95円下落と、まったく違う動きをしている(2月10日と24日の2週間の比較)。

 個人投資家が市場に戻り、リスクを取るようになって出来高が増えるまで、もう少しこの状態が続きそうだ。今は中小型の①連続増収増益にもかかわらず指標面で割安な銘柄②テーマ・材料が豊富な銘柄③成長期待が大きい銘柄、の3種類でしばらく楽しもう。

現在市場は①の範疇の銘柄のほとんどが右肩上がりになっているのだが、市場の物色が②③にまで移ることを期待している。今週の日経平均予想レンジは1万8800円から1万9600円前後とする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。