サムスン、「ギャラクシーノート7」で23日会見

「発火問題」に関する調査結果を発表か

 1月20日、韓国のサムスン電子は、スマートフォン「ギャラクシーノート7」に関する記者会見を23日に行うと発表した。写真はサムスン電子本社、2016年11月ソウルで撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 20日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は20日、スマートフォン「ギャラクシーノート7」に関する記者会見を23日に行うと発表した。

モバイル事業の責任者、高東真(コ・ドンジン)氏が出席する。

会見の詳細は明らかにしなかった。同社は今月に入り、「ギャラクシーノート7」の発火問題を巡る調査結果を近く発表すると明らかにしていた。

関係筋は16日、ロイターに対し、発火問題を巡る調査で電池が主な原因だと判明したと述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。