安倍首相「2016年株式市場は相場格言どおり」

エコノミストに「浮き浮きする株価予想」を

 12月8日、安倍晋三首相は年末恒例のエコノミスト懇親会で挨拶し、申(さる)年となった2016年の株式市場について「申酉(さるとり)騒ぐ、との相場の格言通りの年になった」と指摘した。写真はニューヨークで9月撮影(2016年 ロイター/Andrew Kelly)

[東京 8日 ロイター] - 安倍晋三首相は8日都内で開かれた年末恒例のエコノミスト懇親会で挨拶し、申(さる)年となった2016年の株式市場について「申酉(さるとり)騒ぐ、との相場の格言通りの年になった」と指摘した。

もっとも8日の東京株式市場は終値ベースで年初来高値となったことで「よいタイミングで懇親会が開かれた」と語り、出席するエコノミストらに「うきうきするような(株価)予想をお願いしたい」と述べた。

今夏の参院選大勝など衆参安定多数である現状については「3本の矢を前に進めろとの国民の意思表示」とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。