富士重、日本でレガシィなど約10万台リコール

20件の不具合が報告されており火災が2件

 10月6日、富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコールを届け出た。都内の同本社ショールームで2015年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Snino)

[東京 6日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコール(回収・無償修理)を届け出た。排出ガス発散防止装置の2次エアポンプリレーと呼ばれる部品に不具合があるためで、全車両を対策品と交換する。

ポンプを制御するリレー内の接点の押し付け力が不適切なため、電流が流れ続ける場合がある。そのまま使用を続けると、ポンプが高温になり樹脂部品が溶けて異臭や煙が発生、最悪の場合、火災に至る恐れがある。20件の不具合が報告されており、火災が2件確認された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。