富士重、日本でレガシィなど約10万台リコール

20件の不具合が報告されており火災が2件

 10月6日、富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコールを届け出た。都内の同本社ショールームで2015年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Snino)

[東京 6日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコール(回収・無償修理)を届け出た。排出ガス発散防止装置の2次エアポンプリレーと呼ばれる部品に不具合があるためで、全車両を対策品と交換する。

ポンプを制御するリレー内の接点の押し付け力が不適切なため、電流が流れ続ける場合がある。そのまま使用を続けると、ポンプが高温になり樹脂部品が溶けて異臭や煙が発生、最悪の場合、火災に至る恐れがある。20件の不具合が報告されており、火災が2件確認された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT