富士重、日本でレガシィなど約10万台リコール

20件の不具合が報告されており火災が2件

 10月6日、富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコールを届け出た。都内の同本社ショールームで2015年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Snino)

[東京 6日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコール(回収・無償修理)を届け出た。排出ガス発散防止装置の2次エアポンプリレーと呼ばれる部品に不具合があるためで、全車両を対策品と交換する。

ポンプを制御するリレー内の接点の押し付け力が不適切なため、電流が流れ続ける場合がある。そのまま使用を続けると、ポンプが高温になり樹脂部品が溶けて異臭や煙が発生、最悪の場合、火災に至る恐れがある。20件の不具合が報告されており、火災が2件確認された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT