富士重、日本でレガシィなど約10万台リコール

20件の不具合が報告されており火災が2件

 10月6日、富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコールを届け出た。都内の同本社ショールームで2015年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Snino)

[東京 6日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は6日、「レガシィ」など4車種、計10万2781台(2006年4月―13年9月製造)のリコール(回収・無償修理)を届け出た。排出ガス発散防止装置の2次エアポンプリレーと呼ばれる部品に不具合があるためで、全車両を対策品と交換する。

ポンプを制御するリレー内の接点の押し付け力が不適切なため、電流が流れ続ける場合がある。そのまま使用を続けると、ポンプが高温になり樹脂部品が溶けて異臭や煙が発生、最悪の場合、火災に至る恐れがある。20件の不具合が報告されており、火災が2件確認された。

人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。