スペインで恒例トマト祭り、150トン投げ合い

参加者は全身赤一色のトマトまみれに

 8月31日、スペイン東部のブニョールで毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われた。(2016年 ロイター/Heino Kalis)

[ブニョール(スペイン) 31日 ロイター] - スペイン東部のブニョールで31日、毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われた。参加者らはこの日のために用意された約150トンの熟れたトマトを投げ合い、全身赤一色のトマトまみれになりながら祭りを楽しんだ。

祭りが行われる通りでは前日からバルコニーをシートで覆ったり、家や店先に板を打ち付けたりして祭りの準備をする様子が見られた。

「ラ・トマティーナ」は第二次世界大戦後からのブニョールの伝統行事で、近年は世界にも広がっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。