スペインで恒例トマト祭り、150トン投げ合い

参加者は全身赤一色のトマトまみれに

 8月31日、スペイン東部のブニョールで毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われた。(2016年 ロイター/Heino Kalis)

[ブニョール(スペイン) 31日 ロイター] - スペイン東部のブニョールで31日、毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われた。参加者らはこの日のために用意された約150トンの熟れたトマトを投げ合い、全身赤一色のトマトまみれになりながら祭りを楽しんだ。

祭りが行われる通りでは前日からバルコニーをシートで覆ったり、家や店先に板を打ち付けたりして祭りの準備をする様子が見られた。

「ラ・トマティーナ」は第二次世界大戦後からのブニョールの伝統行事で、近年は世界にも広がっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT