ソフトバンクは、本当に”つながりにくい”か

改善ぶりを懸命にアピール、その根拠とは

電波状況が改善しているなら、ソフトバンクユーザーにとっては朗報と言えるだろう。孫社長は各調査について「これだけのデータからソフトバンクだけに有利なデータに変えるのは難しい」として正確性をアピールした。

今後は山間部の改善にも力点

ただ、今回の調査では、子会社ヤフーの防災速報アプリの情報が利用されているなど、純粋な第三者による調査とも言い難く、にわかに信じがたい面もある。孫社長は「今後はドコモに負けている山間部の電波改善にも力を入れたい」としており、引き続き改善を進める方針だ。都市部、山間部と改善を進める中で、ユーザーによる評価も徐々に定まっていくだろう。

また、孫社長は、グループのイー・アクセス(昨年に買収し、その後非連結化)と電波の相互利用を21日から始めることも発表した。ソフトバンクが保有する2.1ギガヘルツ(GHz)帯に、イー・アクセスの1.7GHz帯のネットワークが加わることで、高速通信の「LTE」を快適に利用できるという。対象機種はソフトバンクの主力であるアップルの「アイフォーン5(iPhone5)」や「アイパッド(iPad)」など。まずは都内から始め、順次エリアを広げていく方針だ。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。