訪日外国人数、7月は過去最高 11月に2000万人超える見通し

減少傾向が目立っていた韓国も復調

 8月17日、政府観光局(JNTO)が発表した7月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比19.7%増の229万7000人だった。7月としても単月としても過去最高を記録した。写真は都内で2014年5月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - 政府観光局(JNTO)が17日に発表した7月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比19.7%増の229万7000人だった。7月としても単月としても過去最高を記録した。

2016年の訪日客数は合計1401万人となり、観光庁の田村明比古長官は記者会見で「遅くとも11月には2000万人を超える」との見通しを初めて示した。

政府観光局によると、7月は夏休みシーズンが本格化する季節性があるほか、クルーズ船の大幅な寄港増加や航空路線の新規就航・増便がプラス効果として働いたという。

地域別では、中国が前年同月比26.8%増の73万1000人と単月として初めて70万人の大台を突破。熊本地震後、減少傾向が目立っていた韓国も同30.0%増の44万7000人と復調した。

田村長官は「熊本地震からの回復も見られつつあり、全体として訪日客数は堅調に増加した」との見方を示した。

外為市場で円高が進行している影響について、田村長官は「この程度の円高では、訪日客数に大きく影響するということではない」としながらも、「もっと円高に振れ、それが長く続けば、当然、一定の影響がある」と述べた。

*内容を追加しました。

(田巻一彦、宮崎亜巳)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。